借りるのは最後の手段だと思いました

どうしてもお金が必要なとき、なんて常にありますよ。子供の学費が出せないし、あらゆる支払いがいつもギリギりです。だから、仕事を変えていきました。手っ取り早く変えた訳ではないです。相当な努力をして、しっかり稼げるように力をつけてきました。借りるのは簡単ですが、一時的に助かるだけです。根本的に抜け出さないといけないと思いました。時間はかかるけれど、やっぱり努力しかない。手に職をつけるしかない。みんなそうやってお金を稼ぐのだし。

親や、親戚に借りるということも、できる人ならいいと思いますけどね。お金がほしいからと言って消費者金融や、キャッシングは、私はおすすめしないですね。

返す目処が確実にある場合を除いて。ないのなら、お金が必要になる前にしっかり計画することですね。いつ、どの時点でいくら必要になるのか。この計画を立てるというのはすごく大切なことで、先伸ばしにしては絶対だめだと思いますよ。

いくら必要になるかがはっきりしたら、これはまずい、と思うようになります。どうしよう、と思うのではなく、どうやって稼ぐかを即考えてほしいです。できない、と思わないでとりあえずハローワークへ行く。大学の学費も、奨学金は単なる借金ですから、やめた方がいいです。子供に借金負わせることになるだけ。それなら働きながら夜間大学にでも通うほうがよっぽど良いです。

借金は最後の手段にしてください。そうせざるを得ない厳しい状況の方もいるのでしょうけれど、申し込む前に、もう一度考えてほしいです。